/// /

“ゼロ”から学ぼう! 歯科技工士のための歯科技工専門情報誌「ZERO」(季刊)


+





最新号

2016年7月15日 発売
Vol.15 No.3 2016 夏

歯科技工士のための歯科技工専門情報誌
ZERO

■ 歯科技工士のための歯科技工専門情報誌。

■ 発刊当初の編集理念“歯科技工の教科書となる情報誌”「ゼロ」から学ぼう!

■ 将来を展望する最先端情報を網羅。

■ 著名歯科技工士の人となり、情熱、モチベーションを紹介。

■ 斬新なページデザイン。

■ ZERO publishingと永末書店のコラボレーション。

● A4判/約100頁/オールカラー
● 刊行時期:1月・4月・7月・10月の中旬
● 定  価:(本体2,300円+税)



2016年7月15日 発売
Vol.15 No.3 2016 夏

2016年4月15日 発売
Vol.15 No.2 2016 春

2016年2月25日 発売
Vol.15 No.1 2016 冬

2015バックナンバー セット(4冊)で購入

2015年10月15日 発売
Vol.14 No.4 2015 秋

2015年7月17日 発売
Vol.14 No.3 2015 夏

2015年5月18日 発売
Vol.14 No.2 2015 春

2015年1月30日 発売
Vol.14 No.1 2015 冬

2014バックナンバー セット(4冊)で購入

2014年10月15日 発売
Vol.13 No.4 2014 秋

2014年7月15日 発売
Vol.13 No.3 2014 夏

2014年4月23日 発売
Vol.13 No.2 2014 春

2014年1月15日 発売
Vol.13 No.1 2014 冬

2013バックナンバー セット(4冊)で購入

2013年10月15日 発売
Vol.12 No.4 秋

2013年7月15日 発売
Vol.12 No.3 夏

2013年4月15日 発売
Vol.12 No.2 春

2013年1月15日 発売
Vol.12 No.1 冬

2012バックナンバー セット(4冊)で購入

2012年10月15日 発売
Vol.11 No.4 秋

2012年7月15日 発売
Vol.11 No.3 夏

2012年4月15日 発売
Vol.11 No.2 春

2012年1月15日 発売
Vol.11 No.1 冬

2011バックナンバー セット(4冊)で購入

2011年10月15日 発売
Vol.10 No.4 秋

2011年7月15日 発売
Vol.10 No.3 夏

2011年4月15日 発売
Vol.10 No.2 春

2011年1月15日 発売
Vol.10 No.1 冬

2010バックナンバー セット(4冊)で購入

2010年10月15日 発売
Vol.9 No.4 秋

2010年7月15日 発売
Vol.9 No.3 夏

2010年4月15日 発売
Vol.9 No.2 春

2010年1月15日 発売
Vol.9 No.1 冬



歯科技工士のための専門情報誌「ZERO」別冊2014
歯牙形態

監修:片岡繁夫
著:脇田太裕

自然感のある補綴装置を製作するには、色調再現とともに適切な歯牙形態を付与することが重要となる。本書では、歯科技工士のポストグラデュエートコース「大阪セラミックトレーニングセンター」大阪校 新校長の脇田太裕氏が、歯牙形態の捉え方、表現方法を余すことなく伝授。

A4版・144頁・オールカラー
定価(本体4,600円+税)




最先端技術を駆使した臨床歯科技工の珠玉の症例集
著名歯科技工士22名が、大震災被災者への思いをこめて著した一冊。
The Power of Dental Technology
ザ・パワー オブ デンタル テクノロジー)

著者:相羽直樹/青嶋 仁/瓜坂達也/枝川智之/遠藤淳吾/奥森健史/小田中康裕/片岡繁夫/川島 哲/木村健二/斉藤 勇/佐々木正二/佐藤幸司/須藤哲也/高橋 健/都築優治/中込敏夫/西村好美/林 直樹/藤本光治/山本尚吾/山田和伸/脇田太裕/
(五十音順)

●海外在住の技工士も参加した、著名歯科技工士22名が、思いを込めた一冊
●簡潔に、幅広い症例を網羅
●一組4ページ、オールカラーの写真で、美しく見やすいデザイン
●被災された方々へのメッセージも綴られている

A4版上製・96頁・オールカラー
定価(本体10,000円+税)




ZEROLIVE 第四弾


Video streaming by Ustream

出 演 者:
青嶋 仁 先生(ペルーラAOSHIMA)
湯淺直人 先生(大谷歯科医院)
片岡繁夫 先生(大阪セラミックトレーニングセンター)

今迄のZERO LIVEは、こちらから↓
ライブZERO